本文へスキップ

会長あいさつ Hello

福岡教育大学 教授 小田 泰司

 これからの社会を生きる市民を育てる社会科授業づくり社会科を苦手に感じている子どもが多いという話はよく聞きますが、若年教員が社会科指導を苦手にしているという話も聞こえてくるようになっています。社会科教育 を研究する者として、若年教員には社会科指導についてゆっくりとでも理解を深めて いただき、子どもたちと共に社会を研究する楽しさを感じていってもらいたいです。そんな中で、平成26年2月6、7日に、北九州市で全国小学校社会科研究協議会研究大会(福岡大会)が開催されました。大会では、関係する多数の方々から支援をいた だきながら、福岡県社会科研究協議会北九州地区部会の先生方が中心となって地域に見出した教材を研究して「北九州カリキュラムプラン」がつくりあげられ、成果として報告されました。県内外から集まられた多くの先生方にそれらの社会科授業を参観いただきまして、高い評価をいただくことができました。地域に見出した教材を用いて「北九州らしさ」を感じることのできる実践は、子どもたちの地域の一員としての自覚を強くし、参画意識を高めるものになったのではないでしょうか。またそうした子どもたちの学びは、参観した先生方のやる気を高め、 新たな社会科の授業研究を促す、大きなきっかけになったのではないでしょうか。今、北九州部会ではこれらの成果を基に、新たな目標に向かって歩みを始めています。子どもたちも先生たちも社会科好きにする、そういう成果を公表できる日は遠くないと思いますのでご期待いただくとともに、ご意見・ご指導を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

組織・役員

役 職 名 前 所  属
会 長 小田 泰司 福岡教育大学
副会長 池町 真一 北九州市立あやめが丘小学校 校長
理事長 福田 哲也 北九州市立泉台小学校 校長

福岡県小学校社会科研究協議会
北九州地区部会

mail : hide-f@beige.plala.or.jp

copyright©20XX HOKUSHAKEN all rights reserved.